あるべきものがあるべき場所にあったならば、日本古代史はこれほどまでに謎に包まれてはいない。
  
土佐邪馬台国
Lemurian Yamata
土佐ローカリズムちや、に戻る
  
religion   history   Strategic Defense
  • 熊ノ本と日ノ本
  • 草薙の剣、日下郷、小村神社
  • 弥生神南備信仰、赤鬼山
  • 龍ヶ洞、岩戸神社、日ノ御子
  • 卑弥呼は東、素盞嗚は西。物部村のいざなぎ流、横倉神社のいざなみ
  • 日に向かって戦をするのは負けるという信仰は狗奴国時代の苦難を引き継いでいる。狗奴国は尾張へ、天武天皇は狗奴国頭首
  • 戦果を左右する太陽信仰
  • むしろミトラ
  • 猿田彦の起源
  • 月読命は月弓大神
  • 朝倉宮の再考察
    • 橘のこと
    • 雄略天皇朝の都は土佐
    • 天津羽羽は
  • 秋津が指し示すもの
  • 白鳳大地震でアトランティスのごとく消えた黒崎宮は大津宮、巨石眠る。
  • 琴平神社の階段の長さは白鳳大地震の影響
  • 本琴平神社は土佐、天智天皇創始
  • 久万、吉野、河内、三輪が集まる高知山上のこもりく、真の八街
  • 神功皇后はトヨ、出陣は出蜻蛉の長浜八幡宮
  • 安徳天皇が横倉宮へ返還した草薙剣は、まさに素盞嗚がやっつけたヤマタ(邪馬台国)のオロチ(八王子)の出元。土左大神が天武天皇に献上したのもこの剣。
  • 草薙は日凪、元は日ノ本邪馬台国の剣
  • 波多国の重要性
  • 高木神は狗奴国神
  • 女王国より北という根本的なテーゼ
  • 怪しい桓武天皇
society
politics
culture 土佐に強力に残る邪馬台国合議制
  • 鰹から神社の起源
  • 邪馬台国文化が今でも残る土佐本体を意味する。
  • 飛鳥は土佐から奈良へのスカ氏の遷都、鴨氏が字を考案。
  • 大和は邪馬台国と狗奴国の融合を意味する、呼び名は邪馬台国のヤマタを引継ぎ、字は鴨氏が考案
  • 安田八幡宮、朝倉神社、小村神社、美良布神社など。土佐の神社は邪馬台国の時代から続く。銅鐸、境内内遺跡、神南備遺跡。
  • 土佐邪馬台国のいごっそう反骨と東北蝦夷の反骨の出元は同じ。
  • 土佐弁の中に残る対立軸
  • 酒と自由と蛇と三輪
  • ハマこいが導き出すヤマタよさこいの本質
  • はちきんの系譜、神功皇后
















当HPに掲載されている著作権はすべてラビングアースに帰属いたします。
当サイト内の写真、文章等の転載は一切禁止しております。

Copyright(C) 2002-2008 LovingEarth AllRights Reserved. since 200204